若手医師の声

医員池 茉美香

私は元々内分泌疾患に興味がありました。一見不定愁訴の様な非特異的な症状が多い中で、ひとたび正しく診断がつくと治療で症状が速やかに改善する点に魅力を感じたからです。内科の中では血液内科と最後まで迷いました。血液内科は移植などのダイナミックな治療法があり、内科的に治療が完結できるという点で魅力的でした。また糖尿病内分泌と共通して、慢性的な経過をたどることも多く患者一人一人とじっくり向き合える点や、特別な手技を身につける必要なく、臨床症状や各種検査から診断できる点も良いと思いました。散々迷いましたが最終的には当科を選びました。
内科的治療は外科手術の様にドラマティックな変化はなさそうな印象がありましたが、様々な症例を通して内服調整や簡便な手技だけでも患者の容態改善に大きく貢献する力があるのだと感じました。そんな中でも当科の魅力は臨床で目にする機会が多い疾患を扱っており、汎用性が高い分野であること、また一見治療は簡単な様に見えて実に奥が深いことです。さらに最近であれば悪性疾患に対する免疫チェックポイント阻害薬の使用でirAEを起こし1型糖尿病や下垂体機能低下症などを発症する例も増えており、共観を通して他科との関わりが多い点も魅力だと思います。
当科では4月から内分泌疾患も診ていますが、医局の雰囲気ははとてもアットホームで、各自学んだ知識をみんなで日々共有しています。内科新専門医制度も始まっていますが、当科の疾患は症状や病態も多様で、様々な疾患群で登場します。この数ヶ月だけでも多くの症例を経験することができ、充実した毎日を過ごしています。科の特性上あまり急変が多くなく、日中に検査結果を見て今後の治療方針を立てられることが多いので、ライフワークバランスがとりやすい科でもあります。医師として体力的にも技術的にも細く長く携わることができる科であり、選んで良かったなと心から感じている日々です。

医員新居田 泰大

医師3年目の新居田泰大と申します。私が糖尿病・内分泌内科に入局しようと思った理由の1つは、糖尿病治療の予防医学的な面に魅力を感じたからです。糖尿病がリスク因子となる合併症は多彩であり、糖尿病患者は非糖尿病患者に比べて健康寿命が短いとされています。また糖尿病の治療目標には「健康人と変わらない生活の質(QOL)を保つ」と掲げられています。専門知識を持って糖尿病患者の良質な管理を行うことで合併症の発症やADLの低下を抑えることができ、それによって患者様の健康寿命の延伸が期待できると考えています。私は医学部生の頃から社会医学の分野に興味があり、医師3年目からは本学大学院公衆衛生学講座への入学を決めていました。しかし、社会医学においても臨床医としての視点を持つことは研究を進めていくにあたって大事であると先輩医師に勧められたため、初期研修医の間は臨床と社会医学研究の両立を許容してくれる入局先を探していくこととなりました。そのなかで糖尿病・内分泌内科との運命的な出会いがありました。臨床と研究の両立を許容してくれたことも糖尿病・内分泌内科に入局しようと決めた理由の1つです。研究との両立を許容してくれただけではなく、現在では研究を滞りなく進められるように働き方をサポートしていただいています。自らが設計したキャリアパスを受け入れてくれるだけではなく、応援もしてくれる寛容的な医局に入局することができて僥倖の極みです。

©奈良県立医科大学 糖尿病・内分泌内科学講座
当サイト内のコンテンツの無断転用を禁じます